Vol.18 上手い時間の使い方

やりたい事をするために、身につけたいこと、自分への投資、趣味、遊び、その他の何をするにしても時間が必要。

 

よく聞かれることの一つが ”時間の使い方” 

 

よく会いに来る大学生や就活生たちもタイムマネジメントの本や自己啓発系セミナーに通っていたりする人も多いし、「怠惰に過ごしてしまう」「習慣を変えたい」と思っている。

 

しかし、数ヶ月後、数年後に再会してみて殆どの人が口を揃えて「時間の使い方が以前と変わらない」「習慣が以前と同じだ」と聞く。

 

「なぜそうなるのか?」考えてみたんだけど、

 

タイムマネジメントを意識している人ほど「時間の節約」を考えているケースが多いということが分かった。

 

言い換えると、自分がしたいと思っている生活が時間の節約とかタイムマネジメントの技術によって可能になると思っている人が多いということ。でもこの考えは間違い。

 

この考え方でいくと「もっと寝たい」「もっと遊びたい」「もっとTVとかスマホ弄っていたい」と思う反面、「勉強」「スべきだと思っている事」「何かの事に努力すること」に時間を使いたいと思っていて、

 

寝ることの効率、遊びの効率、スマホの広告を無くす技術やTVをもっと見るためにCM飛ばせる機能のついたTVを買って時間を捻出し、後者の勉強や努力の時間、すべきだと思っている事に時間を費やせると思っているのと同じ。

 

このような考え方を無くさない限り、時間を上手く使うのは多分ムリなんだろうなと思う。自分が充実感、特に何かハマっている事や成果が出た時の事を考えてみれば分かるけど、

 

自分がやりたい事に時間を使っていれば自ずと時間は節約できるし、時間管理もシンプルになる。

 

何か緊急事態が急に発生した時とか、何か他の用事があってもそれを優先する時が誰でもあるのと同じ感じで。。

 

時間は誰にも増やせないし、唯一人間が平等に与えられているもの。優先順位が高いもの、やると決めたことに対して時間をうまく合わせていけば時間を伸ばすことはできると思う。

 

個人的に思うことの一つに、誰でも「時間が無い」というのは嘘。

 

「それを行う時間に対して対価を得られない」だから現状の自分のタイムスケジュールの優先順位より高くならない。=優先すべきではない。

 

その時間に見合う対価が得られると分かれば誰でも時間は出してくる。(本当にやりたくない仕事でも報酬が高ければするのと同じ)

 

 

でも結局はその人の「時間(人生)の選択」の問題。じゃあその問題はどこに影響されるかっていうと各々の持つ価値観とか信条、とか考え方に繋がってくる。

 

大事なことは如何に”「自分のやりたいこと」と思っている事に対して緊急事態の時や優先順位が高い事柄と同様に時間を使えるか” だと思う。

 

「できない事」「うまく時間が割けない」と悲観する必要はなく、失敗から教訓は学びつつ、

 

”これからどうするか”を細かく、明確に、シンプルに考えるべき。

 

優先順位の高いものをどのようにして決めればよいか? 個人的には三つ。

 

  1. 今の自分から半年後、1年後、10年後の将来の理想像を考える。→(すべき事、目標が見えてくる)
  2. 実行可能にできるような状況を作り出す、準備、スケジュール作成。→(すべき事、目標が見えてきたら実行可能にするための準備して、いつやるかを決める)
  3. 何かを区切りよく達成したら自分に何か褒美を与える。→(普通の事柄じゃないことを明確にする)

以上3つを自分は意識して決めています。

 

特に上記の1と2は早さが重要で、決めたらその日に、その時にスケジュールに入れる!そして、準備するものを取り出して、いつでも使えるような状態にしておく。(見たら意識できるように)

 

3は意外と大事で、達成できなかったら逆に何かを削るとか、何かを諦めるといった感じ。

 

1日24時間、1週間で168時間、ショートスリーパーの記事でも書いたけど、睡眠時間が4時間ぐらいなら1年で使える時間は約7200時間。6〜7時間だとしても約6000時間はある。

 

何か良い仕事をするために、何か素晴らしい成果を上げるために必ずしも途方もなく長い時間が必要とは限らないし、時間をどのように分別するかが大事だと思います。

 

僕は時間の量で仕事や成果の質は決まらないし、使い方で決まると心から信じています。

 

電車の中とか家での隙間時間の使い方を見れば分かるけど、空き時間に何をしているのかが分かる。

 

大体がスマホかゲームか、LINE or Mail。

 

電車の時間と寝る前の読書1時間は欠かさずしていますが、1年でだいぶ変わります。(読んでるものによりますが)

 

時間の積み重ねで人は年をとるし、時間の積み重ねで成長もするのだから、隙間時間も積み重ね。

 

ウチの会社でも休憩時間を休憩室で瞑想や祈りに使っている人もいるし、もちろん読書する人も多いし、トレーニングルームでどレーニングしている人も多い。

 

時間はあるし、やりたい事に集中すること。

 

どんなに忙しくても時間は優先順位によって絞り出せる!と思うし、

 

その時間に集中してやることが結局、自分の理想を築く根本的な力だと思う。

 

Kei Michizoe → プロフィール              Twitterはこちら

 

 

 

 

 

 

Vol.18 上手い時間の使い方” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です